【黒部と北方領土について】

私は黒部市に移住してから、黒部と北方領土とが関連が深いことを知りました。
私自身、自分が暮らすまちの歴史を知りたい思いがあり、
子どもたちには、自分たちが暮らすまちの歴史を知っている大人に育ってほしいと思っている中で、
黒部市に「富山県北方領土資料室」ができて、私自身より深く知ることができましたし、子どもたちは、私に聞くだけでなく、自分でパネルや資料を読んだり、画面をさわることで、自ら主体的に知ることができるようなりました。そこにこの施設の魅力を感じています。
次の世代に引き継いでいくために、まず自分がもっと勉強する必要があり、今後も様々な機会を通じて、北方領土について知り・学び、実際に参加して体験することでより深く知り学んでいきたいと考えています。

 

北方領土のイメージキャラクター エリカちゃん

独立行政法人 北方領土問題対策協会 

https://www.hoppou.go.jp/problem-info/erika/erika-room.html

 

 

12月1日 北方領土返還要求アピール行進 の様子    「くろべ市議会だより」掲載

 

富山県は、全国で2番目に元島民が多く、県内では黒部市が1番多い。

2月7日は「北方領土の日

2月4日には「北方領土の日」記念大会が開催されます。

 

www.knb.ne.jp

「くろべ市議会だより」が発行されました

「くろべ市議会だより」が発行されました

こちらのURLからもご覧いただけます↓

https://www.city.kurobe.toyama.jp/category/page.aspx?servno=6277

私は、議会に関心を持つ人を増やしたいと思っています。そのための方法のひとつとして、「市議会だより」に興味を持つ人、読む人を増やしたいと思っています。今回初めて、自分が市議会議員になって、質問して、原稿を作成し、かつ広報広聴委員会を傍聴させていただき、「市議会だより」ができるまでをみていて、思いを伝えたい・議会のこと知って関心を持つ人を増やしたいと今まで以上に感じています。

「令和4年黒部市議会12月定例会 一般質問」の録画は、紙面のQRコード、または、こちらのURLからご覧いただけます↓

http://www2.city.kurobe.toyama.jp/gikai/%E9%BB%92%E9%83%A8%E5%B8%82%E8%AD%B0%E4%BC%9A%EF%BC%91%EF%BC%92%E6%9C%88%E5%AE%9A%E4%BE%8B%E4%BC%9A_%EF%BC%93%E6%97%A5%E7%9B%AE_221213_%E4%B8%80%E8%88%AC%E2%91%A9_%E6%A9%8B%E8%A9%B0%E7%9C%9F%E7%9F%A5%E5%AD%90.mp4

20230129 町内会総会 が開催されました

20230129 堀高町内会総会 が開催されました。

「移住はゴールではなくスタート、自ら積極的に関わることでより充実した暮らしにつながる」

その思いから、黒部に移住と同時に町内会に入会しました。役員等を夫婦ともに経験しました。行事には家族や親子で参加してきました。

町内会行事に初めて参加したのは、黒部に移住した2015年の春「花見の集い」。
コロナ前だった当時は、川沿いの桜並木の下に、ブルーシートがひいてあって、その場で一緒になった町内の人たちとお話ししながら会食した楽しい思い出。当時2歳半の双子は、パパとママの膝の上に一人ずつ座っていました。

「ゴミゼロデー」「江ざらい」等々、家族や親子で参加してきたことで、町内に知り合いが増えて、子どもたちの成長を見守り・楽しみにしてくれる人が増えたことが、母としてとても心強くうれしいです。

今年も、町内会のいろんな行事に家族や親子で参加することで、
たくさんの人たちとの交流をとおして親子ともに育っていきたいです、
子どもたちには、地域に参加することは自然なことという感覚を持った人に育ってほしいと思っています。

#黒部に移住定住 #まちはひとでできている #地域に参加 #次の世代の担い手育成

移住の経緯はこちらから↓

tunagu-hirogaru.hatenablog.com

 

20230114 くろべみんなの移住者交流会 Vol.1 お雑煮をつくろう

20230130追記
先日の「くろべみんなの移住者交流会 Vol.1 お雑煮をつくろう」、現在みらーれTVの「シャッフル」にて放映中です。こういった親子で参加できるお料理交流の場は楽しいし、食育にもつながるのではと思い、Vol.2、3…と続いていくといいなと早速Vol.2で連携させていただく形で進めています。
番組の中に私も子どもたちも映っています。親子の楽しい思い出が増えました。感謝☆

#子育てグループ「みんな笑顔」(子育てサークル「くろてんズ」) 
#くろべで住もう移住定住サポート協議会委員
#移住サポーター

 

20230115追記
2023年1月15日㈰の朝刊、北日本新聞、富山新聞、に記事が掲載されています。

 

黒部のお雑煮を作りました。私と双子の娘たちの3人で参加しました。
「黒部のお雑煮は具だくさん」「魚を入れる」等々これまでに黒部のお雑煮について聞いたことはあったのですが、移住して8年間なかなか作る機会に参加できなくて、今回初めて、作って・見て・食べました!
お雑煮の中身は、かまぼこ2種類、ごぼう、にんじん、焼き豆腐、焼き魚1匹、こんにゃく、お餅
焼き魚は、ふくらぎ・さば・ひらめの3種類、3つの班ごとに魚1匹使用してお雑煮を作りました。出来上がったお雑煮3種類とも食べました!どれもおいしかったです。お魚ごとに香りも味も違って、どれもまた食べたくなる味でした。
作ること話すこと食べることに夢中でお雑煮の写真を撮り忘れてしまいました。
みんなで和気あいあいと交流できて楽しかったです。

私は親になって子育てする中で、子も親もたくさんの人たちとのふれあいによって育っていくものと感じてきましたので、交流できる場はとてもありがたいと思い、移住当時(子どもたちが2歳半)から積極的に交流できる場に参加しています。コロナでここ数年は交流できる場が減っていたので、今日は久しぶりにこういう機会があって親子で参加できて楽しかったです。

数年前までは、人から話しかけられた時、子どもたちは恥ずかしがったり緊張したりでママが代弁することが多かったのが、今ではママ抜きで会話できるようになって、まだちょっと緊張してぎこちない姿はほほえましくて、相手の話を聞いて考えながら会話している姿に子の成長を感じてうれしくなります。

 

かまぼこについて書いた過去記事はこちらからご覧になれます↓

tunagu-hirogaru.hatenablog.com

 

毎年恒例の宿題チェックと新学期の持ちもの確認

あけましておめでとうございます
今年もどうぞよろしくお願いいたします
黒部市の小学校の始業式まで後1週間、宿題チェックと新学期の持ちもの確認で今年もバタバタ。学年が上がるごとに難しくなっていく学習内容、わからない問題をママに聞かれてもすぐには答えられなくて一緒に教科書読んで考えて、、、今日もワイワイガヤガヤ。
ふたりとも今年も1年元気にすごしてね⭐ママの願い。
「おかあさん」という役割もしっかりはたしていけるようにがんばりたいです!

「令和4年黒部市議会12月定例会 一般質問」の録画が公開されました

令和4年黒部市議会12月定例会 一般質問

「令和4年黒部市議会12月定例会 一般質問」の録画が公開されました。

こちらのURLからご覧いただけます↓

http://www2.city.kurobe.toyama.jp/gikai/%E9%BB%92%E9%83%A8%E5%B8%82%E8%AD%B0%E4%BC%9A%EF%BC%91%EF%BC%92%E6%9C%88%E5%AE%9A%E4%BE%8B%E4%BC%9A_%EF%BC%93%E6%97%A5%E7%9B%AE_221213_%E4%B8%80%E8%88%AC%E2%91%A9_%E6%A9%8B%E8%A9%B0%E7%9C%9F%E7%9F%A5%E5%AD%90.mp4

今回質問した内容は、次の3点です。

新型コロナウイルス感染症の情報提供について
新型コロナウイルスのワクチン接種は、一人一人が様々な考えや事情のもとで打つ・打たないの選択をしている。子どもへの接種についてもそれぞれの家庭ごとに考えがある。根拠がある情報も、不確かな情報も、様々な情報があふれている中で、確かな情報につながることが極めて重要である。市からの情報提供について。

②こども医療費助成制度について
黒部市の対象を平成31年4月より18歳到達後最初の3月31日までの入院、通院、無償化したことについての現状と今後について

③市内小中学校(市)から貸し出すタブレットパソコンについて
ゲームではなく学習として適切に使用するために保護者へ向けた情報提供・情報周知について

元ICT支援員として、子どもたちが学校でも家庭でも適切に使用することを願っています。
子育て中の母として、我が子も適切に使用するように見守り、一緒に考えています。

【20221218 子育てを家庭だけでなく地域で社会で取り組むことを目指して活動しています】

FOODネットワークをつくろう「第2回プレ実証」にて、 子育てグループ「みんな笑顔」として、おさがりゆずりあい「おさがリレー」コーナーを出店いたしました。前回に続いて2回目の参加です。

smartfukushilab.org

おさがりゆずりあい「おさがリレー」は、コロナになってからイベントとして開催することは控えていますが、オンライン上では常時開催中です。
参加ご希望の方はこちらから↓

tunagu-hirogaru.hatenablog.com

#子育てを家庭だけでなく地域で社会で取り組む

tunagu-hirogaru.hatenablog.com