定住と子育て  富山県黒部市 移住定住8年目(2015年に移住)

富山県黒部市に移住したのは2015年3月、現在8年目。定住して子育てすることのよさ、その中のひとつは、定点観測できることだと私は感じている。家の中で、公園で、ふとした瞬間に子どもの成長を感じる。ついこの間まで手が届かなかった棚に、手が届くよう…

富山で子育て 空・海・蜃気楼

富山に移住してから、虹が見える回数も増えたし、色が鮮やかに見えるようになったと感じています。移住するまでは「蜃気楼」という言葉も知らなかったような気がします。移住後の今は、海があるまちに暮らすことができ、思い立った時に行けるほど近く(車で1…

20220529 第31回富山県民スポーツ・レクリエーション祭 ウォークラリー大会

問題を探したり答えるためにコース内を行ったり来たり、ウォークラリーに参加することで、親子で一緒に、歩く、問題を探す、考えるといった共同作業をとおして楽しい時間を過ごし、親子の思い出が増えました。海、川、清水、といった水に恵まれ、波の音やせ…

20220528 黒部シアター2022 春 シンデレラ  関連イベント トーク+映画上映

www.city.kurobe.toyama.jp 子ども本人が観たいと希望し、「青少年舞台芸術鑑賞事業」に申し込み、初めて野外の舞台を鑑賞しました。演じる方々の表情の変化がわかるほど近い距離で、音・振動・空気感を感じられる舞台を観ることができる機会は大人でもそう…

自己紹介

簡単に自己紹介します。2022年4月現在 橋詰真知子 (はしづめまちこ) 子育てをきっかけに2015年に富山県黒部市に移住してきました。移住前は転勤族でした。双子の子育て中です。 黒部市先輩移住者として紹介していただきました。https://www.kurobeiju.com…

第10回黒部市女性議会の記録が発行されました

先日、第10回黒部市女性議会の記録を受け取りました。ページを開くと、令和3年7月12日から10月12日までの93日間、初めて学んだこと、初めて体験したこと、思いと感動が思い起こされました。 今回参加させていただくにあたり、平成7年度の第1回から平成30…

「くろてんズ」について  お知らせ

2015年からはじまった「くろてんズ」※1宇奈月子育て支援センターでの定期開催は、本日(2022年3月22日)にて終了します。 「転入してきたママたちの集まり・相談先」という役割は、「子育てグループ「みんな笑顔」」※2 の中で継続していきます。 さまざま…

2022年1月24日 金柑の甘露煮

いただいた金柑で「金柑の甘露煮」を初めて作りました。時間の経過とともに味も食感も落ち着いてきて、毎朝起きて食べるのを楽しみにしています。ツヤツヤ輝く黄色、「金柑」という名前を実感。 黒部に移住してから、お野菜などをいただくようになり、おかげ…

2022年1月15日  5GOALS for黒部 まちの福祉を良くするフォーラム が開催されました

私は、平成30年5月から「第3次黒部市地域福祉活動計画 策定委員」になり、「第3次黒部市地域福祉活動計画 推進評価委員」を経て、現在では「黒部の福祉を良くするプロジェクトメンバー」となり、今日まで参加させていただいています。 計画策定の場は、ワ…

2021年12月26日 北日本新聞 朝刊 にコメントを掲載していただきました

このたび、北日本新聞社さんからのご縁で、2021年12月26日朝刊の北日本新聞の「高岡市の子育てシェアハウスあかまるさん」についての記事に、コメントを掲載していただきました。 子育ての難しさ大変さのひとつに、「先が見通せないこと」があると私は感じて…

広報くろべ2021年11月号に掲載していただきました

広報くろべ2021年11月号に掲載していただきました。座談会で皆様のお話を伺うことができ、思いを感じ、学びました、貴重な機会をいただきまして誠にありがとうございました。今後も活動を続けていく上での励みになります。心より感謝しております、ありがと…

はっぴーママ富山版2021冬 vol.79号

「くろてんズ」の紹介記事を掲載していただきました。 「はっぴーママ富山版」さんには、私が2015年に富山県に移住して子育てしてきた中で、「情報や知識を得る機会」として大いに助けていただきました。また、投稿を文やマンガで掲載していただいたり、四季…

かまぼこ

富山県に移住して驚いたことの一つが「かまぼこ」です。 かまぼこの種類が豊富、細工や大きいかまぼこは「芸術」と私は感じます。 色も鮮やか、板がついていない状態にも驚き、そしておいしい。 富山の食べ物は何を食べてもおいしいです。 黒部市に移住後、 …

黒部踊り

黒部踊り体験会 大布施地区 に参加しました。 2021/11/29、12/06の2回開催されました。 子どもたちと一緒に参加しました。私も子どもたちも初めての挑戦でした。私は「知ること、参加すること」が大切だと常々感じているので、回覧板で募集チラシを見たとき…

黒部の伝統芸能・無形民俗文化財

2021/11/07 くろべ郷土芸能の祭典 コラーレ 郷土芸能が受け継がれていることはとても尊いことだと県外出身の私は感じます。映像と会場にあったパンフレットで、獅子舞は多くの地域で受け継がれていることを知り、まちに1つではなく地域に1つくらいずつある…

音楽が身近に感じられるまち

20210307 最後の秘境からやって来た若き音楽家たち 黒部市宇奈月国際会館「セレネ」 黒部市&東京藝術大学present 北陸新幹線開業5周年記念 アーティストinくろべ 青少年交流事業 コンサートが好きです。 生演奏の魅力は、 会場の一体感、そして耳と目で音…

20210228 JET世界まつり in コラーレ

20210228 JET世界まつり in コラーレ 見て、聞いて、体験して、交流して、楽しい学びの時間でした。子どもには、様々な人とふれあうことを通して、様々な違いや考え方があることを知ってほしい。「知ることからはじまる」と常日頃から思っているので、子ども…

子育てグループ「みんな笑顔」  子育てサポート・子育てネットワークづくり 転入・転勤・移住・定住サポート

子育てグループ「みんな笑顔」 「子育てサポート、子育てネットワークづくり」のきっかけになることを目指し、黒部市在住(市外でもご希望の場合は参加可能です)で、子育て中の保護者、または、子育てを応援したい人や団体を対象とした子育てグループです。…

KAYA DO!フリー「リユースマルシェ」 

くろてんズ(※1)にて「おさがり会」や、個人として「おさがリレー(※2)」をしてきた中で、「ボランティアでやっていたら続かないよ。」とアドバイスをいただいたことがありました。 私は子育ては助け合いだと、これまで子育てしてきて何度も感じています…

「くろてんズ」 令和3年度 1回目

5月25日(火)「くろてんズ」令和3年度1回目を開催しました。 市外出身、県外出身、地元、さまざまな方にご参加いただけたことで話が広がり、 今日参加してくださった方々にとって、知りたいことを知ることができた、 話をすることで息抜きになった、そ…

「くろてんズ」 令和3年度 開催予定

令和3年3月22日(月) 黒部市ボランティア連絡会に出席しました。 (主催:社会福祉法人黒部市社会福祉協議会 くろべボランティアセンター) コロナ禍でのボランティア活動について、みなさんのお考えや工夫などを聞く中で、 自分以外の誰かを思うその気持ち…

ボランティア

私はボランティアをしているという意識はありません。 他人事、自分事、線引きせずにぜんぶ含めて「まるごと」受け入れられる気持ちを ひとりひとりがもてたら、誰もが心地よく暮らせる生きやすい社会になる。 そう思うから、自分にできることをしています。…

庭 2021年3月上旬 

庭にクロッカスが咲きました。 子どもが見つけて教えてくれました。 小さくて、可憐なたたずまい、寒い中でも凛と咲いています。 今年は雪が多く降ったのに、時期が来たらいつもと変わらず咲く。 自然は、強くて、たくましくて、元気づけられます。 前の持ち…

【移住後の生活】2021年2月中旬

よく晴れて暖かい週末、子どもたちと家の近くをお散歩しました。 大人の足だとわずかな距離も、子どもたちと一緒だと遠足になります。 「葉っぱ」「石」「お花」「生き物」などなど、今日もたくさんの発見をしては立ち止まり、季節の移り変わりを五感で感じ…

おさがりゆずりあい「おさがリレー」

おさがりゆずりあい「おさがリレー」とは、おさがりをリレーのバトンに見立てた表現で、おさがりをとおしてご縁がつながって、個人間でのおつきあいやおさがりのやりとりに発展し、各々の子育てネットワークづくりのきっかけになることを目指しています。物…

「くろてんズ」のご紹介

「くろてんズ」は、黒部市に転入してきたママさんたちのサークルとして2015年6月に初代代表が立ち上げ、転出に伴い2代目代表が引継ぎ、出身地、居住地、ママやお子さんの年齢・月齢は問わず、転勤・移住・地元問わず、“交流の場&友達づくりの場”として、…

わが家の移住物語2015 富山県黒部市 

子育てをきっかけに2015年に富山県黒部市に移住してきました。移住前は転勤族でした。双子の子育て中です。 移住を考える背景には、就職、転職、起業、定年、老後、子育て、介護、などのきっかけや、現状を変えたいという思い、などさまざまだと思います。 …